エアコンクリーニングに伺ったお宅でのお話

2018年8月31日

こんにちは。
おそうじ本舗東海荒尾店の店長の加藤です。

クリーニングとは直接関係のないお話ですが、

先日、エアコンのクリーニングに伺ったお客様とのお話の中でこんな話がありました。

そのお客様には小学生のお子様がいて、通っている小学校にメールを登録しておくといろんな情報が送られてくるそうです。

するとある日、学校から不審者目撃情報が届いたそうです。

内容は、

『児童が雨の中、傘を持たずに下校しているとある男性が「傘を貸してあげる」と声をかけて来たそうです。児童がそれを断るともう一度「傘を貸してあげるよ」としつこく言ってきたそうです。』

ということだったそうです。

でも、この方はたぶん親切で言ってくれただけな気がします。

僕も目の前を傘もささずに歩いている小学生がいたら同じ事を言ったと思います。

僕らもクリーニングの内容によっては外で作業をしますし、その時はすぐ横を通る小学生と目があったりしたら挨拶をしたりもします。

今日も突然雷がなって豪雨になった時間がありました。そんな中なら傘をささずに歩いている方も少なく無いはずですもんね。目の前をそんな小学生が歩いていたら、、、果たして僕は声をかけずにいられるでしょうか。。。

もちろん本当に不審者だったら、、、と思うと恐ろしいですが、子供達に声をかけるのも難しい世の中なのかなと、改めて今を生きる難しさを感じてしまいました。

今回はクリーニングの話ではないですが、お客様との会話の中であったお話を書いてみました。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ